Yuta Takahashi - Michael Debus: Trinität / vol.1 and vol.2 Special Edition

"I designed the 'Trinität / vol.1 and vol.2 Special Edition' written by Michael Debus. This book is based on 'Trinity' which he told when he visited Japan in 2013 and 2014.

He tried to face a new world view of trinity which would be able to advance the idea of dualism in this book. To explain the idea perfectly, 'We have to go the abstract world once' ,he told and tried to lead Japanese to the abstraction. Although, he "failed" (vol.1) because "Japanese loves a tint and fullness of diversity[...] but are not interested in an essential sphere behind that world. [...] because when we changed the view of the world from fullness of life and diversity to unified sphere, there is just a colorless, conceptual, and 'abstractive' world." (vol.1)"

" ミヒャエル・デーブス著『三位一体|上下巻』のブックデザインを行なった。
本書は2013年、2014年の二度に亘って氏が日本へ来日した際に語られた『三位一体論』を書籍化したのもである。

氏は本書において三位一体論、つまり二元論を前進させる新たな世界観に取り組んでいる。しかしそれを説明する為に氏は「一度、抽象の世界へ行かなければならない」と語り、日本人を抽象の世界へ導こうとする。が、それに「失敗」(p.72)している。何故なら「日本人は色彩と多様性に溢れた世界[. . .]は好きでも、その世界の背後にある本質的な領域には興味が無い。[. . .]命に満ちた多様性の世界から統一的な領域へと昇ると、そこには色彩を持たない概念だけの『抽象的な』世界が広がっているからだ」。(p.76)"

"So I extruded visually and entirely this abstract world which he failed to express, and made us be able to get to know well about this book means through abstract world. When Japanese people publish a series of two books, we call volume 1 "Joh" (means upper part) and volume 2 "Ge" (means lower part). So we have a general idea which volume 1 and 2 is a set. Then applied to the motif as an abstract image of switch like on and off. And I selected decent triangle and cross as one set for the motif of Trinity,

So the book design as a whole has an impact that intersects contrast, modern, and minimal impressions."

" そこで氏が失敗した抽象的な世界を視覚的に全面に押し出した。これによって私たちが抽象的な世界を通って本書に向かい合えるよう意図した。モティーフには三位一体論に相応しい三角と十字を選択し、また日本には「上下巻」で一セットという表現が伝統的な概念としてある。これをスイッチのON/OFFのようなイメージで抽象化し、それぞれのモティーフに当てはめた。

全体的にコントラスト、現代性、ミニマルな印象が交差するインパクトのあるブックデザインとなった。"

Designed by Yuta Takahashi